メニュー

加算に係る掲示について

診療報酬明細書の発行について

医療の透明化や患者様への情報提供を、積極的に進めていく観点から、領収書発行の際に医療費の内訳がわかる診 療 明 細 書を無料で発行しております。

明細書の発行を希望されない方は、事前に会計窓口にお申し出下さい。

 

地域包括診療加算・初診時の機能強化加算について

「地域包括診療加算」、「機能強化加算」等を算定する患者さまに「かかりつけ医」として、以下の取り組みを行っております。

  • 健康診断の結果等の健康管理に係る相談に応じます。
  • 他の医療機関の受診状況・処方内容を把握したうえで服薬管理を行います。
  • 必要に応じ、専門の医師・医療機関をご紹介します。
  • 保健・福祉サービスの利用等に関する相談に応じます。
  • 夜間・休日の問い合わせへの対応を行っております。
  • リフィル処方箋又は28日以上の長期の投薬を患者さまの状態に応じて行っております。

※かかりつけ医機能を有する地域の医療機関は以下で検索できます。

医療情報ネット

 

初診時の医療DX推進体制整備加算

〇オンライン資格確認システムにより取得した診療情報等を活用して診療を実施します。

〇医療DXを通して質の高い医療を提供できるように、マイナ保険証の推進に取り組んでおります。

〇電子処方箋の発行や電子カルテ情報共有サービスなどの医療DXに係る取り組みを実施しております。なお、これらの取り組みについては、今後計画的に進めてまいります。

 

医療情報取得加算に関するお知らせ

オンライン資格確認について、以下の体制を整備しています。

◎オンライン資格確認を行う体制を有しています。

◎受診歴、薬剤情報、特定健診情報、その他必要な診療情報を

取得・活用して診察を行います。

正確な情報を取得・活用するためマイナ保険証の利用にご協力をお願いします。

 

一般名処方加算について

後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みなどを実施しています。
現在、一部の医薬品について十分な供給が難しい状況が続いています。

◎当院では、後発医薬品のある医薬品について特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤の成分をもとにした『一般名処方』(一般的な名称により処方箋を発行)を行う場合があります。

◎一般名処方によって特定の医薬品の供給が不足した場合であっても、患者さんに必要な医薬品が提供しやすくなります。

 

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について

後発医薬品促進の方針に従い、患者負担の軽減に質するものとして後発医薬品(ジェネリック医薬品)を積極的に採用しております。そのため、当院で処方する薬剤は後発品になることがあります。

 

介護保険施設等連携往診加算に関するお知らせ

当院では、下記介護保険施設と協力医療機関として急変時対応や緊急往診などに対応しております。

【協力施設】

〇グループホームおもひで・桜

〇グループホームもりの家

〇特定施設入居者生活介護施設 豊生園

 

情報通信機器を用いた診療について

初診の場合には向精神薬の処方はできません。ご理解のほどよろしくお願いします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME